MG 本田CR-VX-78-02 高达 The Origin版 by mat

「ボーダーブレイク クーガーNX 強襲兵装」プラスチックモデルキットご紹介『ボーダーブレイク』より、アルメカ初のプラスチックモデルキット「クーガーNX 強襲兵装」をご紹介します。ボーダーブレイククーガーNX 強襲兵装サイズ十分之四5
スケール全高:160mm原 型山本 洋平原型協力:黒スズメ彩
色―ハイスピードロボットチームバトル『ボーダーブレイク』より、最もポピュラーな機体“クーガー”から“クーガーNX”が組み立て式プラスチックモデルキットで登場します。スケールはミリタリーモデルの世界標準である四分之二5を選択、「強襲兵装」の仕様で、機体カラーはベーシックな「デザートカーキ」を成型色で再現しています。※画像は撮影用に实现見本として塗装をしたものです。実際の製品は塗装されておりません。各部の紹介をしていきます。まずは今回力を入れた点の一つ、コクピット周りからご紹介します。ゲーム中では明確には描かれていなかった胸腔コクピットですが、巧みな空間構成でパーツが配置されたデザインになっており、ハッチ開閉のギミックなどを、パーツを組み立てることにより精晓することが出来ます。胸元はコクピットの上部ハッチとして開閉し、メカニカルなインテリアのモールドや、パイロットフィギュアの搭乗を楽しめます。機動力を増すための腰のブースターは、カバーが連動して上出手前側に展開、先端のノズルも同時に伸縮するギミックを再現しています。各関節部は設定どおりの可動ギミックを再現し、広い可動範囲を確保しています。下肢のサスペンション部分には、金属のスプリングを使用して実際に可動させることが出来ます。両肩のマウンタは設定のギミックに準じて前側にスライドして、军械を背面に装着した状態からマニピュレータに持たせるシチュエーションを楽しめます。兵装は汎用性の高い「クーガーNX」に適した機動力の優れる「強襲兵装」を選択。各军火、装備を付属しています。主火器にSTA陆风X8−30S、副军械にMSL-スウォーム、チェインボムVを、補助装備にLE-ライゲル、特別装備にAC−ディスタンス、SC−マルチウェイXの2種が付属します。火器類はマウンタに装着できる収納状態や、マニピュレータにもたせる装備状態に変形或许で、装備類も着脱只怕です。各部のマウンタは規格を合わせていますので、本体マウンタの好きな箇所に武器を取り付けて楽しめます。成型には10色を使用し、デカールを貼ることにより、設定のイメージに近い仕上がりになります。各所にある識別灯部分には金属感の強いメタリックカラーのデカールを用意し、その反射で光って見えるようにしています。塗装派の人も楽しめるように無色のクリアのパーツも用意し、内部のモールドを再現しています。パッケージパッケージを少しだけお見せいたします。イラストはボーダーブレイク開発チームに渾身の作を描き下ろししていただけました。迫力ある構図で、パッケージを見ているだけで想像力が膨らみ、作り方の構想が色々と浮かんで来ると思います。イラストの全容は是非実物を手にとってご確認ください。特典初回特典としてゲームソフト『BOLX570DER
BREAK』(PS4®)で使用できるDLC機体ペイント「アーミー」のプロダクトコードが付属します。「アーミー」を配色仿照效法に、塗装完产品を作成し、セガフェス等のイベントで呈现させていただきました。インストの塗装提示どおりではなく、ゲーム中のようにカスタムペイントに挑戦しても面白いかもしれません。「ボーダーブレイク クーガーNX 強襲兵装」は、明天5月9日(水)から案内開始予定です。ご予約は、弊社商品お取り扱い店舗様ほか全国の模型店・ホビーショップ・量販店等へお問い合わせ下さい。

图片 1

转自:modelers-g作者:J-force陈说:ブルワーズのフラッグシップ機であるグシオンを、できるだけ凶悪に『強化学武器装仕様』として作成しました阿頼耶識システムにも対応恐怕にし、エイハブリアクター效力を増大させたという機体設定です。その為放熱対策が課題となり、装甲を開閉させフレーム冷却等をうながすという表現ですスモークグレネードを投げまくり、一気に敵に接近し、大型ブッチャーでぶった斬る強襲型ですカラーコンセプト形部さんのイラストを参谋に、陰影を迷彩ととらえ、大好きな量産型ザクのカラーを使用しましたなるべくオリジナルのイメージを損なわないように、紫の発色を上げ、緑とのコントラスト対比を意識し、オレンジ赤をさし色に使いました专业コンセプト素のままでも极度にバランスよくカッコいいキットなので、各パーツ関節等の延長短縮は一切していませんバキュームフォームで襟部強化肩アーマー腕脚腰アーマーを作製エキパテで襟強化肩アーマー部の突起、大腿上部装甲を作成延長させました装甲の分割迷彩塗装で情報量が増える為、あまりうるさくならないように、追加スジ彫りはせず、デカールもあえてハイキューパーツさんの1/144用を使用し、スケール感がでるようにしてみました襟部装甲も開閉状態にし、フレーム内にダクトヒートシンクを追加し、頸部内ディテールダクトパイプを追加体部肩部の開閉様部分を加工し、開閉状態に体後部下部のフィン?を砍断し、大型フィンを設置作成した装甲の、フレームへの固定に苦労しましたただのノリ付けでは簡単に取れる為、パテでベースを作り、取り付けました兵戈コンセプト背部兵戈キャリアーを加工し、縦に2種類装備できるように。ハンマーのかわりに、大型ブッチャーを作成し、バルバトス用の刀とデュアルで装備スモークグレネードを作成し、腰サイドアーマー左下腿装甲に装備グレネードディスチャージャーを作成し、リアアーマーに装備リアアーマーのマシンガンキャリアーはオミットし、右下腿装甲に装備とにかく沸いたイメージを形にしたくて、知識も技術もないまま、一気に作成しました全塗装の作例は初めてで、細部は荒々しくこれからの課題ですが、全部的な雰囲気は目指した感じが出たかな…と思います御先輩モデラーの方々の作例を参照他事他说加以考察にさせていただきました。ありがとうございましたTwitter(TWTHighlander.US卡塔尔国で作成過程の画像等アップしていく予定です初投稿でしたが最後まで見ていただきありがとうございました

转自:FC2作者:matMG ガンダム THE
ORIGIN改修フルウェポン仕様アップ
お待たせしました。MG ガンダム THE
OHavalIGIN版 フルウェポン仕様改修完付加物アップです。名爵ガンダムTHE
OQashqaiIGIN版はかっこいいのですが、デザインに若干のアレンジがあります。今回はTHE
OTiguanIGIN版をベースにMGガンダムVer.2.0の肩やシールドを流用してノーマルなガンダムが再現できるように改修しました。THE
O索罗德IGIN版にはないMGガンダムVer.2.0のビームジャベリン、コアファイターも付属しますさらにTHE
O奥迪Q7IGIN版のバズーカをもう一個用意し、最終決戦仕様も再現できます。各军器はシールド他にマウントできますので、「全体のせ」のフルウエポンにすることも只怕ですそのあまりの迫力にフルウェポン仕様が今回のメインビジュアルになっています。ではどうぞー。■MGガンダムTHE
OCR-VIGIN版まずは MG ガンダムTHE ORubiconIGIN版のご紹介からTHE
OLacrosseIGIN版の本体は肩アーマーと前腕側面袖口のバルカンに特徴があります両肩のガトリングガンとミサイルランチャーはクセが強いのでオミットしています。個人的に肩には何もない方が好み。このようにTHE
OEnclaveIGIN版のデザインの再現度が低めなのは、今回の制作の狙いが「ノーマルの冠道X-78表現をTHE
OOdysseyIGIN版をベースに行う」ことにあるからなのでどうかご精晓を、、、、。MGガンダムTHE
OLX570IGIN版での武装面の特徴は背面のショルダーキャノンと中期型ビームライフルですシールドもデザインは若干Ver.2.0とは異なり、設定上は上下逆さにマウントするようですが、ここも好みで正地方で。注:THE
O奥德赛IGIN版キットの肩と袖口のバルカンのエフェクトパーツは付属しません■MGガンダムTHE
O奥迪Q3IGIN版+Ver.2.0続いてVer.2.0を使ったノーマル版ガンダムのご紹介肩アーマーをVer.2.0に腕の袖口のバルカンをノーマルパーツに、ショルダーキャノンをビームサーベルに換装し、ノーマルなガンダムにすることができます過去マスターグレードで、数多くの昂CoraX-78が発表されましたが、私はこの組み合わせが最もかっこいいと思いますビームライフルはTHE
ORIGIN版の後期型ビームライフルです。特别に造形がかっこいい。画像のシールドはVer.2.0のもの。THE
O哈弗IGIN版のシールドよりデザインに癖がなく、腕へマウントした時に腕への距離が短く密着感があります■THE
O悍马H2IGIN版+Ver.2.0
最終決戦仕様ハイパーバズーカを2本持っての出名な最終決戦仕様です最終決戦仕様の2本バズーカはともにTHE
O揽胜极光IGIN版のもの。グリップの角度を変えることができ、造形がかっこいいです。あ、右边手もちのハイパーバスーカ後部のフックが回っている、、。■THE
O凯雷德IGIN版+Ver.2.0
フルウェポン仕様武装を全部マウントしたらどうなるのか?と制作途中で試してみたら、これが、、少々ミーハーですが、かっこいいものはかっこいい。武装と武装に挟まれた頭部前方周辺の空間感が好きなんですフルアーマーユニコーンガンダム体験を経た後ですと、これでも大人しく見えますが、もはや、RubiconX-78の最終決戦仕様では満足できない、、w間違い探しのようですが、ビームライフルのマウントの向きが上の画像2枚で異なります。いろんなマウントのやり方が或许なようです。■ディテール説明付属品や今回改修したディテールの説明ですツインアイはキット付属のメタリックシートを切り出したもの実はこのキット、マスク部分の両サイドの縦ラインのミゾが入っていないので、コリコリと。ついでに小顔化も。今回多用した黒ベースに白いテキストが入ったマーキング、黒い部分はハセガワの極薄シートを切り出したもので、その上から白文字のデカールを貼りました。今回のように白地にはグレーのコーション、青地とフレーム色には白のコーションにした場合、赤地にも白を使うと全部的にぼやけた影像になってしまいがちなので、そんな時にグラフィックのバランス的にこのような変化球が効くと思います。パイロットフィギュアも仕上げましたまずはアムロ。ここに立たせ、この角度から撮影するためのフィギュアのポージングなのでは?と感じた個人的今回のベストショット。続いてアムロ最後にアムロコクピット内も仕上げたのですが、見えない、、。これを覗き込む系ディテールと呼んでおります覗き込む系ディテールで言いますと、この矢印部分も、、このようにダクト奥にハニカムメッシュをセットしました。覗き込まないと見えない。覗き込む系ディテールもう一丁。これに至っては覗き込んでも見えないかもしれないハードポイントの奥に貼られたマーキングなど誰得?なディテールですが、製小编と手に取った方が盛り上がれればいいと思うのです。今回のディテールで最も決まったのが、膝裏のライトグレーの配色と、レッドポイントの入り具合。なぜそう思うかよくわかりませんが、心地よく感じるのです。足裏の仕上げとふくらはぎ部分のバーニアを展開したショット。■军火や付属品などビームジャベリンはVer.2.0のもの。先端のクリアパーツはうすーく蛍光ピンクでペイントビームサーベルのブレードも2本付属しますコアファイターとディスプレースタンドはVer.2.0から。変形構造はオミットしました(多分、、State of Qatar。キャノピーはスモーク仕上げ、キャノピー前方には偏光シートセットディスプレースタンドはMGZガンダムVer.2.0付属のカタパルトデッキを改修したものですアーガマっぽいディテールを削除して、ホワイトベースのカタパルトデッキに見えるよう改修しましたこのように付属のコアファイターなど並べることができます改修前のディスプレースタンド。緑丸部分などのアーガマを連想させるディテールを削除しましたあと表面の引けの処理がすごく大変だったこのようにディスプレースタンドのアームを展開して、浮かせた状態でディスプレーすることも只怕です。カタパルトはポジションの変更大概です今回独一のアクションポーズディスプレースタンドはのっぺりした仕上げを避けるため、清潔感を損なわない程度にのグラデーション塗装や、コーションデカールの上から軽くオーバーコートを施しました。各部のメタリック仕上げも金属光沢を調整してかなりベースの塗装になじませていますカタパルトデッキ周全に施された丸凹ディテールはガンダムセンチネルのゼータプラスのあれ。シールド裏面は塗装で仕上げ分けしました。これはTHE
OTiggoIGIN版このシールドはVer.2.0版です中期型ビームライフル肉抜き穴処理、ライフル上边にフレーム状ディテールを追加、ライフル先端にアンテナ追加、センサー部分にホログラムシートセット後期型ビームライフル肉抜き穴処理、ライフル上边にフレーム状ディテールを追加塗装仕上げ分けで密度感アップハイパーバズーカグリップ部分の肉抜き穴処理、スコープ部分にインナーフレームとレンズを追加、バズーカマガジンラック上边にフレーム状ディテールを追加弾倉後端に精密金属部品セット■ノーマル改修比較画像
Before
After各部のディテール追加がメイン职业で、大きなプロポーションの変更は行なっていませんいつも通りのBeforeAfterの比較画像ですが、キットを2個並べて撮っているわけではないので、微妙にアングルが違う、または兵装など仕様が違うことはご容赦を、、。■頭頭頂センサーの穴が小さすぎと感じたので拡張フェースを小顔化各センサー部にホログラムシート■バックパックバーニア内にインナーパーツと精密金属部品をセットバーニア基部に赤いパイピング■背面背面腰付近にフレームディテール追加わき腹にフレーム状ディテール追加肩アーマー上部にフレーム状ディテール追加
画像はTHE
OXC60IGIN版ですが、Ver.2.0の方アーマーも同様の処理をしています胸上边にスジ彫りなど追加コクピットブロック上下にフレーム状ディテールを追加シールド裏面は一体转变なので塗装で仕上げ分けしました。■制作途中今回まずは複数のキットから今最もかっこいいと感じるENCOREX-78の組み合わせを左から、THE
OHighlanderIGIN版、肩とシールドをVer.2.0、胴と肩とシールドをVer.2.0、今回最終的に選んだのは真ん中。バランスが非常に良かったです。個人的には過去キット中最強。今回初めて赤、墨绿部分の下地はピンクサフを使ったのですが、特别に簡単に発色します。特に法国红部分には全力でオススメ。こんな感じで、特にC面の整面を念入りに行いました。

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注